今回の未曾有の大震災で、いろいろ考えさせられました。

何か役にたてばといろいろ情報を載せてみたり、
落ち込んでばかりいても仕方ないって
メッセージや笑顔の写真を載せてみたり・・・

でも、いろいろな考え方があって、
何もしない勇気も必要だって意見もある。
それも絶対間違ってない。
本当に支援が必要な時に、私たちが息切れしたら意味がない。

阪神大震災のときも、献血があっという間に集まったけど、
1ヵ月後には足りなくなってたって。


私のやってることは何かの役に立ってるのか、
誰かを守れてるか・・・傷つけたりしてないか・・・

自問自答しながらも、自分なりの気持ちを書いてきました。

明るく、元気に、やまない雨はない!
夜明けの来ない夜は無い!
今、普通に家族と生活できる状況に感謝・・・

それも、そうなんだけど・・・

悩んだけど、自分なりに考えて
これは絶対伝えなきゃいけないと思い今日の日記を書きます。

被災していない状況の下、
連日のTV放映をみて、同調して何も手につかない人は
もしかしたら、見ないほうがいいのかもしれない。

だけど、TVでは伝えられない現実もあるんだって事、
大多数の人へ発信できるツールがある。
伝えるすべがあるんだったら、やらなきゃいけない気がして・・・

現実ってつらいです。
悲しすぎる。
書きながら涙が止まらない。
でも、ここに書くことで救われることもあるかもしれない。
無い確率が高いだろうけど、
0%じゃないよね。

震災の現実・・・
ドラえもんのどこでもドアがあればいいのに。
茶化してるんじゃない。
心のそこからそう思う。
今すぐ助けに行けるなら・・・




友達のブログのリンクで知った
俳優:辰巳琢朗さんのブログ。

衝撃的な内容です。

http://ameblo.jp/tatsumitakuro/entry-10831822328.html

以下、抜粋。

*************************************************

「この状況を、たくさんの人に伝えて下さい。
死体がゴロゴロなんですから。
避難所にいるのに、食糧がなく、
子供が餓死してるんですよ。お願いします、辰巳さん!」

長年この世界で生きていますから、
テレビの裏も表も、良いところも悪いところも、
大体わかります。
仕事が延期になり、終日地震報道を見ていましたが、
やはりそうでした。
画面に映し出されるのは、恐怖シーンと感動シーンばかり。
冷徹な目で現実を見つめても、それらは番組にならなかったり、
放送コードに引っかかったりするんです。
大体、撮影クルーが入れる、比較的安全な場所の映像しか、
テレビで見ることは出来ないと思って間違いありません。
でも、様々な材料から、現実を想像することは出来ます。
想像力を精一杯働かせて、自分達に何が出来るか、
何をすべきか、しっかり考えましょう。

*****************************************************

子供が餓死してるって・・・
なんで・・・
どうしようも無いことなのかな?
誰も何もできないことなのかな?

阪神大震災の時、餓死したって(私は)聞いたことがない。
もちろん、あの地震以上の規模だから
被害も相当なんだけど・・・

しつこいけど私も、阪神大震災の被災者で、
2ヶ月ほど小学校で避難生活送ってました。

16年前のあの頃に比べれば、ネット社会になって
携帯も小学生でも持つ時代になって・・・
ツイッターやmixiやらで、すぐに遠く離れた友人の
安否確認できたりで、すっごい進歩してるなって思ったの。

もちろん、電波の状態も悪く、携帯もつながらなく
安否確認できていない方がたくさんいる現実もありますが、
あの頃よりはそういう面ではマシだろうって安易に思ってた。

本当に安易で浅はかな考えだった。

後、もう一つ、こちらの声も届けたい。
お子さんが意識不明のママさんのブログ。

(3/17追記)先ほど気になってブログへお邪魔してみたのですが、
削除されているようです。
何があったのかわからないのですが、最悪の事態ではないと信じたい。
とりあえず、URLは削除します。



以下、抜粋

***************************************************************

自分がいた悪夢のような現実
生きていられたことが奇跡で・・・
本当に。

今もまだあの状況下に
たくさんの人達が
助けを求めて待っています


ヘリの音がすごいんです
助けを求めている声が消されるんです

どうか・・・
どうか一台でも減らしてください

ヘリに手を振って
サインを送ったんです
でもヘリは
別の場所へ遠ざかっていきました

今思えば
報道のヘリだったのだと
わかります。
でも、それが
その行動が
どれ程!
どれ程被災者に絶望を与えるのか・・・

本当に本当に・・・
生きる気力がなくなるんです

どうか・・・
どうかインタビュアーさん、
被災地へ行き来出来る余裕があるのならば、
その移動車で
被災者を運んでください
食料を、おむつを運んであげてください


報道されていない現実
現状がたくさんあります


私達がいた避難所
・・・というか、
生き残った建物の上。
一切テレビに映りません。


テレビに出ている専門家たちの声。
-寝て、少しでも体力を温存してください-

寝られるわけがないんですよ。
寒いんです!
余震がすごいんです!

現地の状況はそんなもんじゃない

テレビに映っている
避難所はまだいい場所ばかりです。
まだまだ物資が行き届いていない避難所、
避難所とさえも呼べない
"かろうじて避難している場所"
で助けを待っている人達が
たくさんいます


メディアの皆さん、
生き延びたみんなを!
避難所をもっと映してください!


停電する事に対してどう思いますか?
とか
政府の対応が遅い事にどう思いますか?
とか・・・


心配している人達が
連絡がまだまだ取れない人達が
たくさん、たくさん!いるんです

みんなも突然の停電や
交通不便で
すごく大変だと思う・・・


でもどうか、
協力してください


まだまだ
まだまだ・・・
水がなく、暖房も効かず、
電気もつかない真っ暗闇で
助けを求めている人がたくさんいます

本当に怖いんです・・・
本当に寒いんです・・・

外は雪が降っています。

どうか命を
助けてください・・・



**************************************************

誰のためにTVは連日報道をしてるのだろう。
被災地の現実も伝えられず、
被災地以外の方も負のスパイラルに巻き込まれ・・・

私たちが見て、情報を得たつもりでも、
その映像を撮るためのヘリで被災地の方の
希望を奪ってるなんて、想像もしなかった。

ただ、救われるのがこのママさんの言葉が
希望で満ちていること。
同じ母として尊敬します。


どうか、どうかみんなの願いが届きますように・・・

そして、この現実の声が届きますように・・・

でも、私も泣いてばかりいないよ。
今、できる事を精一杯!!